夏の果物

夏のモチーフとして、金魚の次は、果物にしてみました。ピンタレストで可愛い果物のイラストをたくさん見たので。

定番のスイカに、パイナップル、ちょっと時季外れですがイチゴ、オレンジ、キウイを描いてみました。

下絵を描いてみる

夏の果物の下絵

相変わらず雑です。モモも描いてみました。果物のモモというより、ももまんみたいですね(;^ω^) 半分のカットしたモモも描いてみましたが、なんだかわからないものになりました…。

下絵をトレースすると…

下絵をトレース

下絵をそのままトレースすると、下絵の雑さからか、しっくりときません。特にモモとパイナップル、キウイが気に入りません。

オブジェクトを使って描く

オブジェクトを使って果物を描く

スイカは円を8等分に。パイナップルは、円を8等分した後、外側へ膨らませるものと内側へ凹ませるものを交互に。

イチゴは、実を楕円で、ヘタは星形を変形して。モモは楕円を変形、キウイは楕円を使い、パンクも利用。オレンジも円を8等分して。

モモの切ったものは、オブジェクトを使ってもうまく表現できませんでした。わたしの限界です。

スイカの色付けいろいろ

スイカいろいろ

スイカの色付けを少しずつ変えてみました。

一つ目は、オーソドックスに少しずらして。

2つ目は、1つ目の塗りの角を丸めて。あまり印象は変わりません。

3つ目は、2つ目の塗りを拡大して。

4つ目は、3つ目の塗りにぼかしを。

5つ目は、実の部分と皮の部分の塗りを変形。センスがないので、イマイチの出来。

6つ目は、塗りのレイヤーを線だけにして、ぼかしをかけて水性ペン風に。

7つ目は、塗りをスタイライズ→落書きにして、線も鉛筆風にして。

8つ目は、7つ目の線を消して。

9つ目は、塗りを完全にずらして。

まとめと感想

一つ目は、下描きが雑すぎるとトレースしてもいいものにはならないということ。下描きは大切ですね。Illustlaterで「描く」練習より、下絵をきちんと描くために、たくさん描いた方がいいようです。

二つ目は、トレースよりオブジェクトを使った方が「らしく」描けるものも多いということ。オブジェクトは使い方次第で、いろいろなものになる。が、パターン化するというか、手描き感は失われる。

とりあえず、しばらく手描きを描いてみようかな…。

金魚とハスと水草と

前回の金魚は、写真を模写したものでした。今回は、暑中見舞いのデザインに使われていた金魚を参考に我流で描いてみました。

自分の頭の中でイメージして描くためには、もっといろいろ描かないとだめなんだろうなーと思いつつ。

下描き

水草と金魚2匹は、それぞれ違うはがきデザインの中から模写。ハスは、まあイメージで描き足しました。

金魚とハスと水草

多分、自分のイメージだけで描いたら、尾ひれのひらひらとか描けないんですよね。改めて見ると、左の金魚のひらひらはまあまあだけど、右の金魚のひらひらはちょっとイメージと違うというか、不格好…(;´・ω・)

まずはべた塗り

銭なしでべた塗り

参考にした絵のとおり、金魚は赤と黒に。金魚はべた塗りでも、そこそこの出来だけど、ハスと水草はやっぱりイマイチ。というか、ハスに至っては何なのか分からない…。

線種をマーカー(不揃い)に

線種:マーカー(不揃い)、塗り:べた塗り

線種をマーカー(不揃い)にしたら、にじんだ感じに。全体の配置も変えて、水紋らしきものを描き足しました。べた塗りよりは、ちょっと「らしく」なったような?

塗りに光彩(内側)を足す

線種:マーカー(不揃い)、塗り:光彩(内側)

線種を変えずに、塗りに「光彩(内側)」の効果を足して。金魚は、やっぱり光彩を使うと、「らしさ」が増す気がします。ハスや水草にはあまり意味がない効果だったかな。

線画レイヤーで楕円(5pt)を加えて

線種:マーカー(不揃い)+楕円(5pt)、塗り:光彩(内側)

塗りのレイヤーで線種をマーカー(不揃い)にしておいたので、元の線画のレイヤーの線種を楕円(5pt)に。結果を見比べると、線を入れない方がスッキリする。いろいろ入れすぎるのはよくないということですね。

線に切れ目を入れてみる

ピンタレストで、一部だけ線を描いた絵がおしゃれだったのと、線を切った方がおしゃれになるというtipsを見たので、ちまちまと線を消したり切ったり。あんまりいい感じにならなかったです。

センスの問題ですね、たぶん。強いて言えば、赤の金魚はまあまあかなとも。強いて言えば、ですが。

まとめと感想

今回は、

  • べた塗り
  • 線種をマーカー(不揃い)に
  • 光彩(内側)
  • マーカー(不揃い)に楕円(5pt)を加える
  • 線に切れ目を入れる

と試してきました。

並べてみると、感じよく仕上がったのは、べた塗りのものと、線種をマーカー(不揃い)にしたもののように思えます。

楕円(5pt)を加えたのは、まさしく蛇足でした。ごちゃごちゃしすぎですね。

線に切れ目を入れたり、一部だけ線を描くのは、上手くできればおしゃれに仕上がるんだろうけど、かなりセンスがないと難しいとしみじみ。絵心というやつでしょうか。わたしに一番ないものです(;・∀・)

総合して、教訓は「足すより引く」というところですね。

夏らしく(?)金魚

絵は描きたいけど、「これ描こう!」っていうものが具体的にありません。なら、描かなきゃいいようなものですが、でも何かしら描きたい。

お題のようなものがないと、花ばかり描いてしまうので、季節のものを描いてみようと思い立ち、残暑見舞いを検索。

金魚をモチーフにしたデザインが、たくさんありました。で。金魚を描いてみることに。

金魚の下描き

自分の想像力だけで描こうとすると、フナ金しか描けそうになく、しかも、金魚だか何だかわからない仕上がりになりそうだったので、まず画像検索をしまして。気に入った金魚の写真を模写しました(今は「目トレース」っていう言葉があるらしいですね)。

まあまあの再現性?

イラレで描いてみた

スキャンしたものを、コツコツとペンツールでトレースして、色付けをしました。

ベース(べた塗り)

とにかく、写真をお手本に、べた塗りで色づけ。加工をしたいので、線と塗りのレイヤーは分けました。

線種を絵筆に変えてみた

線種:鉛筆、塗り:ぼかし、光彩(内側)

べた塗りしたものの線種を「絵筆」(1pt)に替えると、にじんだ感じになりました。輪郭がにじんだ感じになったので、塗りも「ぼかし」をかけてにじませました。

「スタイライズ」のリストを見ていると「光彩」というのがあったので、お試し。「内側」というのを選ぶと何となく光沢が出て、なんとなく金魚らしくなったような。

「光彩拡散」って何?

光彩拡散

スタイライズとは別に、「ぼかし(ガウス)」をはじめとして、効果がたくさんある(効果ギャラリー)ので、一つ一つ試していきました。

まず背景で試していくと、「光彩拡散」でなんとなく水らしい感じが出たような。

金魚自体の塗りにも試しましたが、白の部分には効果が出たようになく。ただ、赤や朱色、黒で色をつけたところは、全体に薄くなり、やや濃淡も出て、面白い感じになったので、保存。

線幅プロファイルを試す

塗りは、「ぼかし」と「光彩(内側)」の効果のまま、金魚の位置をずらして、泡と波っぽいものを入れてみました。

金魚の輪郭は、線種を基本にして線幅プロファイルをいろいろ試してみました。「プロファイル2」(凹凸があって、瓢箪っぽいやつ)にすると、ひれの線が動きが出たというか、ひれのひらひら感が増した感じになったので、保存。

「落書き」でクレヨン風を目指したけど

線種:木炭画(鉛筆)、塗り:落書き

クレヨンで描いたような効果を期待して、金魚の塗りに「落書き」効果を使いました。いろいろ設定をいじっていて、線幅を一番細くしたら色鉛筆で塗ったみたいになったので、背景にも同じ効果をかけました。

塗りの印象に合わせて、線種を「木炭画(鉛筆)」に変更。全体に色鉛筆で描いた風に。

まとめと感想

今回試したのは、

  • 線種を「絵筆」にする
  • 塗りに「光彩(内側)」を使う
  • 効果ギャラリー
  • 線幅プロファイルを変える
  • 塗りに「落書き」を使う

の4つでした。

塗りに、スタイライズの「光彩(内側)」と効果ギャラリーの「光彩拡散」を使ったものの仕上がりが、おもしろいなと思いました。

金魚を描いたので、「絵筆」と「光彩(内側)」が結構合っているかなと感じます。

クレヨンで描いたような効果を期待した「落書き」は、絵自体が大きいためか、線幅を細くすると色鉛筆風になったのが、意外で面白かったですね。金魚なのでクレヨン風より良かったかも。

クレヨン風にするには、線幅を太くするのかな?今度、試します。

ミツバチに花を加えてみました

ミツバチと言えば、やっぱり花ですよね。で、花を描いて、ミツバチの絵と組み合わせてみました。

花の下絵

カモミール
チューリップ

カモミールは、いくつか描きましたが、ミツバチの絵と似合いそうなシンプルなものを選び、チューリップはミツバチの絵にイメージを近づけて描きました。

ミツバチ+花に色づけ

ミツバチに色をつけた時、色をずらすと顔が分かりにくかったので、今回は背景に色をつけました。花は上の下描きをトレースしてみましたがイマイチ気に入らなかったので、楕円を変形して描きました。

ピンタレストを見ていて、線画の形通りに色をつけるのではなく、違う形の塗りを配置した絵がいい感じに思えたので、真似っこ。センスがないので、出来はよくはないけど、ずらしたものとは印象が変わって面白い。

上の絵の塗りに、「ぼかし」をかけたもの。線種も、変えてみました。ミツバチや花はぼかしをかけない方がくっきりして見やすいけど、背景はぼかした方が感じがいいかも。

まとめと感想

モチーフ一つだけを描くだけでは、「イラスト」と言い難いかな?と思って、ミツバチと花を組み合わせてみました。

大きさや配置のバランスは、まだまだ改善の余地ありまくりです←当たり前

色をずらすパターンは、線画のコピーに塗りを入れたものを、そのままずらすより、少し形を変えてはみ出させずに少し隙間を作る方がいいみたい。今度、試してみたい。

今回試した、線画とは全く違う形の塗りを配置するやり方は、センスがないといい仕上がりにならないと痛感。経験を積めば、少しはマシになるんでしょうか。

1つの絵だからと、線種や効果を統一する必要はないんだなというのも、今回学びました。それぞれのパーツに合った線種や効果を使った方がメリハリができるのかも。今後、試してみます。

ミツバチに色をつけました

ミツバチの絵に、色をつけました。色のつけかたについても、いろいろ試してみました。分からないことだらけで、試行錯誤です(;・∀・)

色をつけたミツバチの絵

まず、普通に塗りで色づけしました。色づけしなかった時には、何なのか分かりにくかったハチミツですが、少しはハチミツっぽくなったでしょうか。

レイヤーを分けて、塗りをずらしました。顔は、色が薄いので、ずれてるのかどうかわかりにくくなりました。

お気に入りの「スタイライズ→ぼかし」を使いました。水彩風にするにはどうすればいいのかな?と思っていて、試しに重ね塗りをしてぼかしをかけてみました。色の違いがわずかなので、ほぼ効果が出ていません( ;∀;)

塗りをずらしたパターンの線種を「ドライブラシ」にしてみました。お試しでやってみたのですが、意外に(わたし的に)おもしろい感じに仕上がったので、書き出しました。目がショボショボになってしまいましたがww

まとめと感想

塗りについてもいろいろ試してみましたが、ありがちなやり方(ずらすとかぼかすとか)しかできないので、もっといろいろ知りたいです。

「スタイライズ→落書き」で、クレヨンで描いたような雰囲気になるというのを知って、今回試してみましたが、顔の色が薄くて効果をかけると白に近くなってしまってイマイチでした。

今思えば、顔の色を濃くするか、背景に色をつけるかすればよかったんだと思いますけど。

水彩風に塗ろうとして重ね塗りをした分は、もっと大胆に色に違いをつければよかったかもしれませんね。次に重ね塗りをする時は、大きく色を変えてみます。

ミツバチ

ピンタレストを見ていても、惹かれるのは花のdoodle。特に水彩の色付けがしてあるのが好きです。つい、そういうのばかり描きたくなるのですが、同じものばかりでもなあ、と思ってミツバチを描きました。逆に、同じものを描き続ける方が練習になるのかもしれませんが…。よく分かりません。

手描きの下絵

手で、適当に描いて、ペン入れしたもの。これを、480×480のアートボードで描いてみました。

線種を色々変えてみる

手描きのものを下絵にして、描いたもの。線も基本線のまま。まあまあ、再現できてますかね?と言うか、下書きがへたっぴだからなあ。

同じものを、線種を「5pt楕円」にしたもの。並べてみると、そんなに違いが出てない気がする。お気持ち程度でしょうか?

線種を「鉛筆・太」にしたもの。少し印象が変わりました(気がします)。

今お気に入りの効果、「ぼかし」で「水性ペン風」にしたもの。これが一番スッキリするかなあ…。

まとめと感想

今回は、色つけをせずに線だけにして、線種を変えると印象が変わるか、試してみました。

結果としては、鉛筆はそこそこ、水性ペン風にすると結構印象が変わるような気がします。水性ペン風も黒ならそんなに変わらなかったかもしれないけど。

なんとなく基本線のままだとつまらない気がして、楕円を使うことが多かったけど、そんなに印象が変わるものでもないんですね。画像の大きさの影響もあるでしょうが…。

Illustlaterで描いている時の見た目の印象と、JPEGにしてアップロードした時の見た目の印象ってだいぶ違うんだと分かったのが、まあ成果(?)でしょうか。

次は、同じ絵に色をつけてみます。

リース?フレーム?みたいなもの

昨日に引き続き、リースっぼいものを描いてみました。昨日の夜見たピンタレストで、一部が切れたリース(切れてるからフレーム?)がかわいかったので参考に。

昨日のリースは640×480のアートボードで余白が大きくなってしまったので、今回は480×480の正方形で。jpegに書き出すときに、アートボードごとに出すのを忘れてた(;・∀・)

以下、自分の覚え書きとして…。

薔薇の描き方

薔薇は、ピンタレストで見た描き方を参考にしたけど、「けして」(円を花びら状にしていく過程)に使うツールが分からなかったので、

  1. 線が白、塗りがピンクの円を描く
  2. 「ナイフツール」でカット
  3. 外側の花びらに角を作って、隅を少しずらす
  4. 線を黒、塗りを白に変更

という手順で描きました。一応、薔薇っぽくなったかな?

左側はベースで効果は使わず、右側は全部のオブジェクトに一つずつ「ひねり」を入れました。

塗りに「ぼかし」を使ってみた

塗りは、今回もレイヤーを分けて。

左では円を描いて、ひねりを使ってから、スタイライズの「ぼかし」を使いました。

スタイライズのぼかしを使うと、水性ペンで描いたような線にできるというのを前々回試したけど、塗りには効果あるのかな?と思って。塗りが薄くなって、拡大すると透けてました。

右では、オブジェクトの線を色無しにして、少し拡大。塗りで色をつけてから「ひねり」→「ぼかし」で。

枝(?)の部分は、線の色を変えて、線幅を太くして、ぼかし。

まとめと感想

今回試したのは、

  • 薔薇の描き方
  • 塗りにスタイライズのぼかしを使う

の二点。

ナイフツールは初めて使ったけど、色々使えそう。

スタイライズのぼかしは、線だけじゃなくて塗りもぼかしてくれるから、淡い色が好きな自分に合っている機能。

リースっぽいもの

絵にチャレンジしていて、今、描いてみたいのは「doodle」です。手描き風の線画っぽい絵。画像検索やピンタレストで見ていて、惹かれるんですよね。

アナログで実際に手描きして、ペンで清書して…っていうのもいいんですが、PCで描いてみたいというのがありまして。

モチーフとしては、花とか植物の絵に惹かれます。ペンで描いたような花の絵とか、今、どストライクです。

で。今日は…

ピンタレストで見たリースの絵がかわいかったので、「っぽい」感じのものを。今回はアナログで下絵を描かずに、Illustratorで円を描いてアレンジしてみました。

こうして見ると、あんまりかわいくない…( ノД`)シクシク… シンプルすぎるのか、パーツがかわいくないのか…お勉強しないとですね(;・∀・)

ちょっと色もつけてみました。なんとなくふんわりした感じにしたかったので、薄い色を使って、塗りのサイズを大きくしてずらしてみました。やり方が分からなかったので、「線画」と「塗り」でレイヤーを分けてやったんですが、たぶんもっと簡単なやり方あるんですよね…(;・∀・)

あと、毎回わからなくて悩むのが、アートボードのサイズ。形(長方形か正方形かとか)は、描きたいもので決まるんでしょうけど、サイズは何で決めればいいんでしょうか?本当に初心者過ぎますね。

絵、始めました

はじめまして。mayumeenaです。

文章を書くことには慣れていて、それなりの自信もあります。でも、絵心も技術もなく、絵は全く描けません。

そんな「文字書き」が、絵を描くことにチャレンジ。アナログもデジタルも手探りで描いています。

ちなみに、ワードプレスの設定も手探りです(;・∀・)

今日の一枚は…

猫と鳥は、手描きしたものをスキャンして、トレースしました。地面と木は、Illustratorで描き足しました。

ネットで、「スタイライズ→ぼかし」を使うと水性ペンで描いたような加工ができると知り、早速お試し( ´艸`)

ここから、ちょっとでも進歩できるといいんですが…(;^_^A