ミツバチに花を加えてみました

ミツバチと言えば、やっぱり花ですよね。で、花を描いて、ミツバチの絵と組み合わせてみました。

花の下絵

カモミール
チューリップ

カモミールは、いくつか描きましたが、ミツバチの絵と似合いそうなシンプルなものを選び、チューリップはミツバチの絵にイメージを近づけて描きました。

ミツバチ+花に色づけ

ミツバチに色をつけた時、色をずらすと顔が分かりにくかったので、今回は背景に色をつけました。花は上の下描きをトレースしてみましたがイマイチ気に入らなかったので、楕円を変形して描きました。

ピンタレストを見ていて、線画の形通りに色をつけるのではなく、違う形の塗りを配置した絵がいい感じに思えたので、真似っこ。センスがないので、出来はよくはないけど、ずらしたものとは印象が変わって面白い。

上の絵の塗りに、「ぼかし」をかけたもの。線種も、変えてみました。ミツバチや花はぼかしをかけない方がくっきりして見やすいけど、背景はぼかした方が感じがいいかも。

まとめと感想

モチーフ一つだけを描くだけでは、「イラスト」と言い難いかな?と思って、ミツバチと花を組み合わせてみました。

大きさや配置のバランスは、まだまだ改善の余地ありまくりです←当たり前

色をずらすパターンは、線画のコピーに塗りを入れたものを、そのままずらすより、少し形を変えてはみ出させずに少し隙間を作る方がいいみたい。今度、試してみたい。

今回試した、線画とは全く違う形の塗りを配置するやり方は、センスがないといい仕上がりにならないと痛感。経験を積めば、少しはマシになるんでしょうか。

1つの絵だからと、線種や効果を統一する必要はないんだなというのも、今回学びました。それぞれのパーツに合った線種や効果を使った方がメリハリができるのかも。今後、試してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA