pdfとjpg

基本アナログ人間なので、鉛筆で下書き→コピックで清書→消しゴムかけ→スキャン→illustratorの画像トレース、という手順で絵を描いています。

で、この画像トレースの元になるファイルってjpgじゃないと駄目だと思っていて、スキャンするときに必ずjpgにしていたんです。「写真」設定でスキャンすると余計な部分も取り込まれるので、「文書」設定にするのですが、デフォルトでpdfになるんですよね。それで、いちいちスキャナの設定を変えてjpgで取り込んでいたんです。

今日、うっかりpdfで取り込んでしまって、「そうだ!pdfでも元絵に使えるかやってみよう!」と思い立ちまして。一つには、pdfとjpgでは、スキャンした画像の色合いがすごく違っていたからなのですが。

結論を言えば、画像トレースの元絵にはpdfも使えることが分かりました(∩´∀`)∩

pdfを元絵にした場合

pdfとしてスキャンしたファイルをjpgに変換したもの

元の絵は、色鉛筆で塗ってあります。重ね塗りをしたところが、結構はっきりと反映されています。

pdfを画像トレース

色を塗っていなかった空は、夕焼け風にオレンジ色にしました。色を塗ってある場所の印象に合わせるため、「ぼかし」と「粗いパステル」「ぼかし(ガウス)」を順番にかけました。

jpgを元絵にした場合

取り込んだままのjpg

同じ絵を取り込んだのに、全然色味が違ってしまいました。pdfだと色鉛筆っぽさが出ていますが、こちらは何というか、ペンで塗ったみたいに見えますね。面白いです。

jpgを画像トレース

背景は、pdfのものをコピーしました。元絵の地面は緑で塗ってありますが、元絵の塗りむらが「ホワイト」として認識されたようで、地面にもオレンジが透けてしまいました。

そこで、ナイフツールを使って背景の長方形を空と地面に分け、地面部分は緑系の色に変更しました。

まとめと感想

illustratorの画像トレースには、jpgだけでなくpdfでも使えることが分かりました。

また、スキャン時にpdfとして取り込むのと、jpgとして取り込むのとでは、同じ絵なのに色味が全く異なることも分かりました。それぞれに趣があるので、優劣はつけがたいなという感じです。

ただ、色を着けたものをカラーでスキャンしてjpgにすれば、そのままブログにはアップできますよね(;´∀`)でも、画像トレースすると、また印象が変わりますし、一つの絵についていろいろ試して、一番気に入るものを残すというのもいいのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA