猫と花柄

実は、仕事にぽかっとエアポケットみたいな空き時間ができてしまって、猫ばかり描いていたのです。

そこで、ふと思いついたのが、いろんなポーズをした猫で正方形を埋めて、パズルっぽくすること。

とりあえず下書き

猫パズルver.1

右側4匹はなんとなくうまく互いにはめ込むことができましたが、左にあいた空間の埋め方が、いまいち。

それは、以降の課題としまして。

はじめは、単純に塗りつぶして終わりにするつもりだったのですが、芸がない。毛柄の模様を描くのもパターン化してつまらない(猫を量産していたため)

そこで、花柄のパターンで「塗る」ことにしました。

イメージは、花柄などの模様の布で作ったちょっとレトロなぬいぐるみです。

花柄を描く

相変わらず、何もないところから描くのが苦手なので、Google検索で小花柄を検索して、気に入ったものを真似っこ(完コピとかではなくイメージね)。

猫5匹分ということで、5つ作りました。

ちょっとポピーをイメージして
カスミソウをイメージ
単純な6弁の花

子供っぽい4弁の花
ちょっと葉を多めに

これらを基にパターンを作りました。

パターン作成は簡単なんだけど

実は、パターンを作ったり散布ブラシを作ったりしたことは、あるにはあるんです。

ただ、作ったパターンやブラシを、別のファイルで呼び出して使う方法を知らなかった(;´∀`)

が、今回やりました(∩´∀`)∩

オブジェクト→パターン→作成、とやればパターンはそれでできてしまって、そのファイルのスウォッチには自動でプラスされます。

で、スウォッチの左下の本みたいなのをポチッとすると、スウォッチリストが出てきますが、その一番上に「スウォッチを保存」っていうのが!

なぜ今まで気づかなかった😨

ここで保存をすると、自動的にファイルの名前と同じ名前で作ったパターンが保存できるんですね。また一つお利口になりましたが、まあ迂遠迂遠ww

あとは、使いたいファイルでスウォッチのユーザー定義をポチッとすると作ったパターンファイルが出てくるんで、またポチッとすればどのファイルででも使える!わーい(/・ω・)/

猫にパターンをはめ込む

猫の絵をブラシツールで清書して、塗りブラシツールでいったん適当な色で塗りつぶします。

塗りの部分をパターンに置き換えれば、出来上がり( ^)o(^ )

花柄猫のパズル

初めてやってみたにしては、まあまあ面白い出来になったかな、と自己満足ww

まとめと感想

今回、ずーっと「どうやるんだろう?」って悩んでいた作ったパターンの保存法が分かったので(わかってみれば単純)、今、パターンづくりにはまっています(はまりやすい性格です)。

ただ、パターンをつくるには、やっぱりセンスが要りますよね。デザインのセンス。絵心以上に。

パーツの配置のバランスとか、色の組み合わせとか。でも、その分面白いです。

椅子と猫

手嶌葵さんの「恋するしっぽ」という曲が好きなんですが。

そこからイメージした猫の絵を描こうと思って、椅子と猫をいろいろ描いてみまして。

猫が不機嫌になったww

不機嫌そうな猫

これが妙に気に入ってしまいました。曲のイメージとは全く違うんですが。

これを下絵にして、ブラシツールでなぞった後、カリグラフィを変えたのがこちら。

泣きそうな猫に変身ww

椅子はアンティークチェアをお手本に

Googleでアンティークチェアの画像を検索して、気に入ったものをスケッチしたのがこちら。

雑な椅子

これを下絵にしてなぞったのが、こちら。

ちょっとかわいくなった椅子

椅子の上に猫

なんで、椅子も描いたかといいうと、曲からのイメージで、おしゃれな椅子で寝ている猫を描こうと思ってたから。

猫の表情は全く変わってしまいましたがww

線画が重なるので、取り合えず塗った

先日スズリにあげた真ん丸猫がトラ猫だったので、今回もキジトラをイメージしてみました。

猫の陰になるところのラインを消した

こちらも、キジトラ風にしようかと思いましたが、とりあえずのっぺりと。

感想とまとめ

重なるラインを消すのには、ずっとアンカーポイントの追加→ハサミで消してたんですが、パス消しゴムの使い方がやっと分かったので、今回全部パス消しゴムで切れ目を入れて、要らない線を消しました。

手描きでなぞっているので、長く一本の線を引くのは難しく、初めから切れてる部分も多くて、まあ、そこは連結してもいいのですが、今回、ほぼそのままにしてます。

切れ切れになりすぎですね。連結して、改めてバランスよくパス消しゴム使った方が仕上がりは洗練されそう。

猫は、たくさん描いたので、またおいおいデジタルにしていこうと思います。

ブーゲンビリア

今、いろいろ花を描いています。

いつもワンポイント的なものしか描いていないので、いくつか花を組み合わせて一つのイラスト的なものが描けたら…と思って。

それで、夏の花をいろいろ描いてみています。ひまわり、アサガオ、ハイビスカス、プルメリアと描いてきて、下手なりにそれぞれの花に見えるものが描けたと思うのですが。

で、今ブーゲンビリアを描いてみていますが、いろいろ描いても「らしく」見えるように描けません。

しっかり描きこんでみた

最初に描いたもの

いつも、ネット上の写真を見ながらスケッチのように描いていくんですが。最近は、図形ツールでガイドを描いてから描くようにしています。

ブーゲンビリアは全体が三角形なので、灰色の三角形が下に描いてあります。ガイドがあると、いびつになりにくくて便利みたい。

細かく描きこんで、塗りも重ねて「まあまあ」にはなりました。

シンプルにチャレンジ

minilaboのデザインが好きで、よくTシャツとか買うんですが、そういう感じのも描いてみたくて、シンプルに描くのにもチャレンジしています。他の花では、「まあまあ」書けたんですが…。

シンプルにチャレンジした1枚目

苞の葉脈を描いているのですが、これのためにシンプルになり切りません。でも、描かないと、どうにもブーゲンビリアに見えません。

全体の形も気に入らないので、却下。

シンプルにチャレンジした2枚目

今度は、角度の違う写真を参考にして、シンプルな感じになるようにチャレンジしてみました。

葉脈は白にして、花も描きこまずに、フリーハンドで五角形を描いて、パスの変形で「パンク・膨張」を使って花っぽく。

シンプルにはなりましたが、ブーゲンビリアっぽくない気が…。

さらに角度を変えて

角度の違うものにチャレンジ

全体に三角形に見える花を選んで描いてきましたが、どうもブーゲンビリアらしくならないので、角度の違う花を参考に描いてみました。

結果は、ご覧の通り、ますますブーゲンビリアから遠ざかりました…。

まとめと感想

結局、描いてみた中で「らしく」見えるのは、最初に描いたものの気がします。

ブーゲンビリア、難しい。この一語に尽きますね。

色は、ブーゲンビリアらしいマゼンタを出したくて、いろいろ変えていますが、最初の2枚は目がちかちかしますよね。色的には、あとの2枚がいいのかな?

写真を見ながら、ざっくりスケッチ⇒ガイドを引いて、スケッチを見ながらillustratorで描く、という手順で描いていますが、このやり方は悪くないな、と思っています。

図形を組み合わせて変形していくのが、illustratorの基本的な使い方のような気はしますが…。

イラレで手描きをしてみた

前回、少し触れましたが、イラレのブラシツールでパスが引けることに気づきまして。

ちょっとチャレンジしてみました。

下絵を画像トレースしたけど…

鉛筆書きのマリーゴールド

この下絵を取り込んで、画像トレースしたのですが。

画像トレースしたマリーゴールド

元の下絵が平べったかったので、イメージしたマリーゴールドに仕上がりませんでした。

グループ解除して、パーツを移動してみたりもしましたが、気に入りません。

ペンタブとブラシツールで線を引く

ブラシツールで描いたマリーゴールド

左上と右下の大きい花は、ブラシツールで下絵をトレースしたもの。

下絵の平べったさを修正しつつトレースしましたが、気に入りません。左上は塗りブラシで色を着けましたが、イメージと違います。

そこで、写真を見ながら直にブラシツールで描いてみたのが、小さい3つ。下絵無しで描いた方が気に入りました。

まとめと感想

今回の下絵が雑過ぎたというのもありますが、下絵無しで直にブラシツールで描くことで、何度でも修正ができる分、気に入った絵に仕上がること「も」あると分かりました。

画像の表示を200%ないし300%にすると、線のがたがたが少なくなるのはもちろん、細かい部分もきっちり描き込むことができました。

ブラシツールは太さを変えられないと思い込んでいましたが、「基本」だけではなく「3pt.丸筆」など選べますし、太さも変えられるので、描きたい大きさに合わせて変えていくと、いろいろ描けそうです。

illustrator「塗りブラシ」

前回書いた「もう一つの機能」とは、「塗りブラシ」です。

前からあるのは知っていたのですが、使い方がよく分からなくて触ってみてすらいなかったんですね。

少し前、ピンタレストで使い方を解説しているブログを発見して、「おおーなるほど!」と。

「塗りブラシ」の便利さ

塗りブラシを使うと、塗ったところが「塗り」になるんです。って当たり前じゃん?って言われそうですが。

色を決めると、はじめ線扱いなんですね。が、塗ると塗ったところがつながって一つの「塗りのエリア」になるので、塗り全体を一つの「オブジェクト」として扱えるんです。

きちきち塗っていかなくても、一つにまとまってくれるので、ほんとに楽チン。アンカーポイントを動かしてはみ出したとこの修正も可。

猫と松ぼっくりは塗りブラシ。黒猫。

黒猫なので、輪郭を薄い色にした方がよかったですね。反省点です。

塗りブラシを使わないと?

輪郭を全部連結して、レイヤーをコピーして、下のレイヤーに色を設定して…というやり方だと、とにかく輪郭を連結しないとならず、ここが結構な手間。

さらに、塗り分けをしたい場合は、さらにレイヤーを複製するか、オブジェクトを分割するかしていました。分割するとやり直しが難しいので、何とかならないかと思っていたのです。

塗りブラシだと、やり直しは簡単だし、重ね塗りもできます。色の塗り分けも簡単。

猫と松ぼっくりだけ塗りブラシ。白黒ハチワレ。

これは、うちのハチワレ猫をモデルに塗りましたが、いつもこの子をモデルにすると、顔とか脚の黒い部分を塗るのに、オブジェクトを分割することが多くて。失敗すると、何段階も戻らないとならないし、戻るとうまくいったところもやり直しになるし。

重ね塗りも簡単

猫と松ぼっくりだけ塗りブラシ。キジトラ。

目以外は、塗りブラシで塗っています。目は、ちょっと小さくて微妙なので、レイヤーを分けましたが、分けなくても重ね塗りで対応できるはず。

ちなみにこれもモデルは、うちのキジトラです(不要な情報ww)。黒猫もうちの子です(不要な情報②)

まとめと感想

前回の「ラインアート」と今回の「塗りブラシ」を使うと、わたしのような描き方(アナログで下描きしたものをスキャン)をする人には、とても絵をデジタル化しやすくていいですね。

最近は、この2つを使って、背景だけオブジェクトを使ったりして、仕上げにかかる時間がすごく短くなりました。

今後試したいのは、ペンタブ(安くて古いのがあります)で、直接デジタルで描いてみるということですね。

あとは、もっと緻密な絵にもチャレンジしたいです。いつもメインを描いたらすぐillustratorに移ってしまうので、もっと背景も緻密な絵を描けるように。

illustratorの画像トレース「ラインアート」

illustratorを使い始めた頃は、スキャンした手描きの下絵を曲線ツールでトレースしていました。

次に、画像トレースという便利機能を知り、使い始めたのですが、デフォルトを使ってまして。デフォルトだと、トレース結果が「塗り」になってしまうんですよね。それで、「線」にチェックしなおして、線を50pxにして…と手間がかかってました。

ついこないだ、画像トレースに「ラインアート」というのがあるのを知り、「これは?」と試してみたら、なんと!始めっから50pxの線でトレースされるんです!

こんな便利な機能があるなんて!素人が手探りでやってると、遠回りしますよねー。

ラインアートでトレースした絵

ラインアートでトレースした後、線を木炭・細にしたもの。色は一番濃い茶色です。

松ぼっくりをボール代わりにバレーボールをしている猫ちゃんです(どういうモチーフww)。

ちなみにスキャンした下絵

まとめと感想

まあ、冒頭にも書きましたが、素人が手探りでやってると迂遠ですね(;^_^A

このラインアートでのトレースを使うようになって、すごくサクサクと絵が描けるようになりました。

ラインアートとともに、もう一つ機能を知ったので、それはまた次に書いてみます← (引っ張るとかではなく、画像がたくさんになるので…)

pdfとjpg

基本アナログ人間なので、鉛筆で下書き→コピックで清書→消しゴムかけ→スキャン→illustratorの画像トレース、という手順で絵を描いています。

で、この画像トレースの元になるファイルってjpgじゃないと駄目だと思っていて、スキャンするときに必ずjpgにしていたんです。「写真」設定でスキャンすると余計な部分も取り込まれるので、「文書」設定にするのですが、デフォルトでpdfになるんですよね。それで、いちいちスキャナの設定を変えてjpgで取り込んでいたんです。

今日、うっかりpdfで取り込んでしまって、「そうだ!pdfでも元絵に使えるかやってみよう!」と思い立ちまして。一つには、pdfとjpgでは、スキャンした画像の色合いがすごく違っていたからなのですが。

結論を言えば、画像トレースの元絵にはpdfも使えることが分かりました(∩´∀`)∩

pdfを元絵にした場合

pdfとしてスキャンしたファイルをjpgに変換したもの

元の絵は、色鉛筆で塗ってあります。重ね塗りをしたところが、結構はっきりと反映されています。

pdfを画像トレース

色を塗っていなかった空は、夕焼け風にオレンジ色にしました。色を塗ってある場所の印象に合わせるため、「ぼかし」と「粗いパステル」「ぼかし(ガウス)」を順番にかけました。

jpgを元絵にした場合

取り込んだままのjpg

同じ絵を取り込んだのに、全然色味が違ってしまいました。pdfだと色鉛筆っぽさが出ていますが、こちらは何というか、ペンで塗ったみたいに見えますね。面白いです。

jpgを画像トレース

背景は、pdfのものをコピーしました。元絵の地面は緑で塗ってありますが、元絵の塗りむらが「ホワイト」として認識されたようで、地面にもオレンジが透けてしまいました。

そこで、ナイフツールを使って背景の長方形を空と地面に分け、地面部分は緑系の色に変更しました。

まとめと感想

illustratorの画像トレースには、jpgだけでなくpdfでも使えることが分かりました。

また、スキャン時にpdfとして取り込むのと、jpgとして取り込むのとでは、同じ絵なのに色味が全く異なることも分かりました。それぞれに趣があるので、優劣はつけがたいなという感じです。

ただ、色を着けたものをカラーでスキャンしてjpgにすれば、そのままブログにはアップできますよね(;´∀`)でも、画像トレースすると、また印象が変わりますし、一つの絵についていろいろ試して、一番気に入るものを残すというのもいいのかもしれません。

一番猫っぽいのは?

アンモニャイトのための下書きを、全部デジタルにしました。デジタルだけで描いたアンモニャイトも一枚に収めて、「どれが一番猫っぽい?」と見比べてみました。

基本線

右の二つがデジタルです。単純比較するために、基本線で。

イラストの線は、黒より茶色がおしゃれというのを読んで、茶色にしてますが、黒ではダメなんでしょうかね?黒だと野暮ったいのかな?

せっかくなので、ブラシをいろいろ変えてみました。

カリグラフィ2

カリグラフィ2は、もう少し濃い色にした方がよかったですね。illustratorの画面で見ていると、ここまで薄いと思いませんでした(;´Д`)

水彩画6
万年筆

万年筆は、万年筆に合わせて、群青っぽい色に変更。なんとなく、万年筆で描いたみたいになった気が…。

見比べた結果、左上が一番、マシかなと思いました。どうでしょう?

スイーツ(1)パイ

手描きでスイーツ類を描いてみた

なんとなく、スイーツなどを描いてみました。猫ばかり描いているのでww

スイーツ

スイーツ類は、何を描いているか分かっていただけなさそうなのもありますね(;´Д`) お手本見ずに、イメージで描いたので…。

どんぐりと松ぼっくりは、季節柄、秋のイメージでついでに描きました。鍋とフライパンは、まあ、キッチンつながりですかね?

いろいろ描いたもののうち、まあまあのできかな?と思ったものをスキャンして、illustratorの画像トレース機能を使ってaiファイルにしました。なんとなく、色を着けて仕上げて。

手描きのものをそのままデジタル化しているので、かなりいびつな部分があります。

イラレのツールだけでパイを描いてみた

パイいろいろ

手描きのパイを見ながら(順序がおかしいww)、長方形ツール、楕円形ツール、曲線ツールだけで描いてみました。

線の種類を色々変えてみて、塗りもいろいろ試しました。自分で気に入ったのは、左側2個目と右側3個目です。前者は塗りを「粗いパステル」に、後者は塗りを「落書き」にしています。

でも、もし素材サイトやイラストのストックサイトみたいなところにアップするなら、たぶん左側の1個目とか3個目がシンプルでいいんでしょうね。

本来、用途で線や塗りを決めるんだと思いますが、今は練習中の身なので、いろいろ試していくしかないですねー。