リース?フレーム?みたいなもの

昨日に引き続き、リースっぼいものを描いてみました。昨日の夜見たピンタレストで、一部が切れたリース(切れてるからフレーム?)がかわいかったので参考に。

昨日のリースは640×480のアートボードで余白が大きくなってしまったので、今回は480×480の正方形で。jpegに書き出すときに、アートボードごとに出すのを忘れてた(;・∀・)

以下、自分の覚え書きとして…。

薔薇の描き方

薔薇は、ピンタレストで見た描き方を参考にしたけど、「けして」(円を花びら状にしていく過程)に使うツールが分からなかったので、

  1. 線が白、塗りがピンクの円を描く
  2. 「ナイフツール」でカット
  3. 外側の花びらに角を作って、隅を少しずらす
  4. 線を黒、塗りを白に変更

という手順で描きました。一応、薔薇っぽくなったかな?

左側はベースで効果は使わず、右側は全部のオブジェクトに一つずつ「ひねり」を入れました。

塗りに「ぼかし」を使ってみた

塗りは、今回もレイヤーを分けて。

左では円を描いて、ひねりを使ってから、スタイライズの「ぼかし」を使いました。

スタイライズのぼかしを使うと、水性ペンで描いたような線にできるというのを前々回試したけど、塗りには効果あるのかな?と思って。塗りが薄くなって、拡大すると透けてました。

右では、オブジェクトの線を色無しにして、少し拡大。塗りで色をつけてから「ひねり」→「ぼかし」で。

枝(?)の部分は、線の色を変えて、線幅を太くして、ぼかし。

まとめと感想

今回試したのは、

  • 薔薇の描き方
  • 塗りにスタイライズのぼかしを使う

の二点。

ナイフツールは初めて使ったけど、色々使えそう。

スタイライズのぼかしは、線だけじゃなくて塗りもぼかしてくれるから、淡い色が好きな自分に合っている機能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA