Photoshopで藤を描いてみた

Photoshopとペンタブで、藤を描いてみました。

いつも鉛筆でざっくり下絵を描いて、コピックで清書し、スキャナーで取り込んだものをイラレで加工しています。基本的にイラレでは、画像トレースでベクターデータにして、塗りや塗りブラシで着色しているのですが。

ペンタブを使って描いてみたい!

古いペンタブを持っているので、画像トレースではなく、ペンタブでラインを「直接」描いてみたくなりました。

が、イラレでは、鉛筆ツールですよね(最近ブラシツールでもパスが引けることを知ったのですが)。

そこでPhotoshopを使ってみることに。他のペイントソフトを使うことも考えたのですが、とりあえず持っているソフトを使うことにしたのです。

手描きの下絵

Photoshopでざっくり線画を描く

さて、Photoshopで描くと言ってもどうすればいいのか、また手探りですww

ペンツールで下絵を「見ながら」描いてみたところ、鉛筆で紙に描くようにざざーっと描けます!ビックリ。イラレと異なり、パスになるのではないので、紙の時と同じく、一本の線で清書的に描くわけではありませんでした。

Photoshopで描いた

着色も、筆で塗っていく感じですが、べた塗りに近く、重ね塗りでちょっとだけ絵具「風」にしてみました。

ベクターにしたらどうなるの?

このままでも、自分的には好きな仕上がりなのですが、イラレでベクターにするとどうなるのかも気になります。

イラレに取り込んでみた

イラレのアートボードに配置しました。

塗りの感じが変化しました。色も、RGBとCMYKの差なのか、感じが変わっています。

再度Photoshopに取り込み

でも、いまいち納得のいく形ではなかったので、Photoshopで直してみようと取り込んでみました。

線がすっかり濃くなり、基本1本に変化しました。花の色も、色の異なる範囲の境界がややぼやけました。

上の方がスカスカだったので、パターンブラシで葉っぱを加えて、今回は終了です。

まとめと感想

イラレではペンタブと鉛筆ツールでパスが引け、1本のラインになって清書に近くなりますが、Photoshopではざっくりスケッチしたようなラインになりました。

これはこれで面白いので、描きたい絵によって使い分けてもいいのかな?という感じです。

これまでPhotoshopでは、写真の切り抜きや文字入れしかしていませんでしたが、たまには絵を描くのもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA