猫と花柄

実は、仕事にぽかっとエアポケットみたいな空き時間ができてしまって、猫ばかり描いていたのです。

そこで、ふと思いついたのが、いろんなポーズをした猫で正方形を埋めて、パズルっぽくすること。

とりあえず下書き

猫パズルver.1

右側4匹はなんとなくうまく互いにはめ込むことができましたが、左にあいた空間の埋め方が、いまいち。

それは、以降の課題としまして。

はじめは、単純に塗りつぶして終わりにするつもりだったのですが、芸がない。毛柄の模様を描くのもパターン化してつまらない(猫を量産していたため)

そこで、花柄のパターンで「塗る」ことにしました。

イメージは、花柄などの模様の布で作ったちょっとレトロなぬいぐるみです。

花柄を描く

相変わらず、何もないところから描くのが苦手なので、Google検索で小花柄を検索して、気に入ったものを真似っこ(完コピとかではなくイメージね)。

猫5匹分ということで、5つ作りました。

ちょっとポピーをイメージして
カスミソウをイメージ
単純な6弁の花

子供っぽい4弁の花
ちょっと葉を多めに

これらを基にパターンを作りました。

パターン作成は簡単なんだけど

実は、パターンを作ったり散布ブラシを作ったりしたことは、あるにはあるんです。

ただ、作ったパターンやブラシを、別のファイルで呼び出して使う方法を知らなかった(;´∀`)

が、今回やりました(∩´∀`)∩

オブジェクト→パターン→作成、とやればパターンはそれでできてしまって、そのファイルのスウォッチには自動でプラスされます。

で、スウォッチの左下の本みたいなのをポチッとすると、スウォッチリストが出てきますが、その一番上に「スウォッチを保存」っていうのが!

なぜ今まで気づかなかった😨

ここで保存をすると、自動的にファイルの名前と同じ名前で作ったパターンが保存できるんですね。また一つお利口になりましたが、まあ迂遠迂遠ww

あとは、使いたいファイルでスウォッチのユーザー定義をポチッとすると作ったパターンファイルが出てくるんで、またポチッとすればどのファイルででも使える!わーい(/・ω・)/

猫にパターンをはめ込む

猫の絵をブラシツールで清書して、塗りブラシツールでいったん適当な色で塗りつぶします。

塗りの部分をパターンに置き換えれば、出来上がり( ^)o(^ )

花柄猫のパズル

初めてやってみたにしては、まあまあ面白い出来になったかな、と自己満足ww

まとめと感想

今回、ずーっと「どうやるんだろう?」って悩んでいた作ったパターンの保存法が分かったので(わかってみれば単純)、今、パターンづくりにはまっています(はまりやすい性格です)。

ただ、パターンをつくるには、やっぱりセンスが要りますよね。デザインのセンス。絵心以上に。

パーツの配置のバランスとか、色の組み合わせとか。でも、その分面白いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA